投資でギャンブル依存症にならない方法


投資でも、ギャンブル依存症にならないための方法を、あらかじめ考えておく必要があります。

FXのような高レバレッジで取引できるタイプの投資だと、

資金の何倍も稼げるため、ギャンブルと似た興奮があるからです。

FX以外でも、証拠金取引できる金融商品は増えていますし。

ギャンブル依存症のキッカケになると言われているのが、

初心者が、ビギナーズラックで、想像以上に儲かってしまうことです。

あの高揚感が忘れられなくて、はまってしまうのです。

例えば、公営ギャンブルやパチンコで、1日で1万円が5万円になったら、興奮しますよね。

働きたくなくなる人も出てきます。

ちょっと慣れてきて自覚症状ではわからなくても、脳は興奮しているのです。

脳科学的には、ギャンブルで脳の構造が変わるとさえ言われています。

脳の血流が変わったり、反応が変わるのだそうです。

すると性格が変わるなどの悪影響が出ることもあるのだとか。

余裕資金ならともかく、借金してまでギャンブルにはまるのは、脳の構造が変わってしまっているからなのです。

こうなると、もう本人の意思で抜け出すのは難しいでしょう。

家族など周囲の協力や、医師などの専門家の知識が必要になります。

では、投資でギャンブル依存症にならないためには、どうしたら良いのか?

それは投資初心者のうちは、脳が興奮しないくらいの少額から始めるのが最善です。

どれくらいの金額なら脳が興奮しないのかは、人それぞれです。

資産や収入、お金に対する価値観、これまでの人生経験などで変わってくるでしょう。

基本は最悪ゼロになってもかまわない金額にすること。

または、もし投資した金額の半分を失っても、平気で客観的に見ることができる金額にすることです。

例えば、FXではわずか1ドルから売買できる証券会社もあります。

米ドルなら日本円で100円前後、その証拠金となると、わずか数円です。

もし相場が急変しても、損益は十数円ですむので、心が動揺することは無いと思います。

株式投資でも、ETFやETNに投資するなら、数千円から始めることができますよ。

そうやって少額の投資に慣れてきたら、自分の心の成長に合わせて、

投資資金を2倍、3倍・・・10倍と増やしていけば良いのです。

このように投資マインドの成長と、投資資金を上手く同調させることで、

初心者が陥りがちなリスクを避けることができるのです。