投資に損切りは必要か?


投資では損切りが必要な時と、不要な時があります。

実は投資資金の性質や、投資の方針で、損切りの要不用は変わるのです。

投資関連の書籍では、ほとんどの本で損切りが必要だと説いています。

損切り不要だと主張するのは、ごく一部の著者だけです。

でも、本当は立場によって、変わるものなのです。

スキャルピングやスイングトレード、デイトレードのような、

短期の投資では、損切りは欠かせません。

これは事実です。

短期投資で一番困るのは、投資資金の塩漬けだからです。

保有しているポジションにこだわると、損失が拡大するだけでなく、

安く買うチャンスを逃してしまうこともあります。

また投資資金が、いつまで運用できるかも大事な要素です。

短期間しか運用できないのなら、

その期限が来たら、たとえ含み損があっても、決済するしかありません。

もちろん、損失が確定してしまいます。

逆に長期投資の場合は、いちいち損切りしていたら、きりがありません。

ドーンと構えて、たとえ下がっても、回復するのをじっくり待ちます。

私はどちらかというと、損切りしないほうの投資を好みます。

毎回、5年くらいは、塩漬け覚悟で投資しています。

株式や通貨を買ったら下がることもありますが、

長くても数か月ではほとんどが回復し、

さらに目標とした利益まで伸びています。

だから、シストレのような自動売買と、期限があるオプション取引以外では、

損切りしなくても負けた記憶がありません。