投資はリスクを見える化するのが大事


<strong>投資</strong>はリスクを「見える化」することがとても大事です。

あらかじめ、どれだけ上昇するのか、または下降する可能性があるのか。

想定できていれば、相場がどんなに乱高下しても、安心して見ていられます。

逆に相場が激しく動いてくれた方が、儲かるチャンスは増えると思えるほどです。

投資で一番怖いのは、リスクが見えないことです。

いわゆるブラックボックスというものですね。

例えばリーマンショックの時も、リスクが見えないことが原因で大暴落が起こりました。

巧みな金融工学の技術で、投資家からはリスクが見えないようになっていたのです。

低所得者層向けのリスクの高い債券が、いろんな形で投資商品に組み込まれていました。

それを世界中の投資家が買っていたので、

一度暴落が起こると、世界中に影響が広がりました。

リスクの見えない投資商品には手を出さない、これが基本です。

また私は、FXでは完全にリスクを見える化してから投資することにしています。

もちろん為替相場がどう動くのかは、誰も分かりません。

しかし、どこまで下がったら、どれくらいの損失が出るのかは、

表にしてちゃんと把握できるのです。

今はパソコンでExcelのような便利な表計算ソフトがあるので、

一度計算式を作っておけば、投資のリスク管理に重宝しますよ。