投資は会社員や公務員も大事


投資は会社員や公務員でも大事です。

安定していると思われている職業でも、これからは投資が重要になってきます。

仕事とお金が相関関係にある人は、
どんどん仕事に集中すれば良いと思います。

例えば、会社社長や自営業の人です。

自らのビジネスを持つ経営者は、
仕事を頑張れば、それだけ収入が増えるからです。

そういった人は、60歳を過ぎた老後も稼げる人が多いので、
貯蓄の心配はないでしょう。

逆に会社員や公務員は、

どんなに仕事を頑張っても、
大幅な給料アップは望めないですよね?

昇進による昇給はあるでしょうが。

そんな人達こそ、
本当は貯蓄や運用を真剣に考えないといけないのですが・・・

残念ながら、考えていない人が多いんですよね。

毎月、必ず給料がもらえる安心感から、錯覚しているのです。

サラリーマンは60歳を過ぎたら、
ほとんどの人はもう稼げない現実があるのに。

退職後、運良く再就職できるのはごく一部です。

高齢になると健康問題もあり、働き続けるのは難しい人も多いのです。

特に、定年してから年金をもらえるまでの数年間は、

「生活がきつい!」とよく聞きます。

預貯金などの蓄えを切り崩しながら生活するのは不安ですよね。

現役の人は、仕事を頑張るのは良いことだと思うけど、

40歳を過ぎたら、もう年齢的に、お金について、

仕事と同じくらい真剣に考えないと、間に合わないですよ。

仕事とお金についてのアドバイスでした。