投資スタイルは子供の頃に決まる


<strong>投資</strong>スタイルは、どうやら子供の頃の境遇に影響されているようです。

私たち投資家は、それぞれ自分なりの投資スタイル、投資手法を持っています。

これまでの自分自身の経験や知識から、独自の投資スタイルを作りだしてきたと思っていたら・・・

なんと子供の頃の影響が大きかったとは!とても驚きです。

心理学者があるテレビ番組で、
コツコツ稼ぐ派なのか、一発逆転派なのかは、
子供の頃の境遇で決まっていることが、心理学で分かっていると言っていました。

両親に愛情をそそがれて育った子供は、
「幸せは少しずつ来る。」、「不幸は急に来る」ことを人生経験から学びます。

そういう大人に育つと、投資ではきっとコツコツ稼ぐ派になるのでしょう。

100万円の資金で1万円稼ぐような、堅実と言うか、確率の高い方法を好みます。

預貯金してから投資資金が貯まったら、やっと始めます。

また一つの事、細かいことを続ける人が成功するとも言われていますから、

投資で成功する人の多くは、このタイプかもしれません。

年率で言うと数%を、長年コツコツ積み重ねて、最後は大きな資産を形成します。

逆に子供の頃、不幸だった人は、「一発逆転を狙う」傾向があるそうです。

人生を一気に変えたいからです。

こういう人は、少額の投資資金で、大金を狙うような投資スタイルです。

何とか最初の資金を作り、すぐに始めます。

短期間で資産を数倍に増やすのは、このタイプでしょう。

確かに一発狙いでも成功する投資家はいます。

でもそれはごくごく少数派でしょう。

一発逆転で成功できる確率は、とても低いと思います。

宝くじで大金が当たるようなものですから。

ここで大事なのは、自分がどのような投資スタイルが向いているか、考えてみることです。

それには子供の頃、どのような環境で育ったのか、振り返ってみるのが良いと言いたいわけです。

ちなみに私は、子供の頃の環境はコツコツ稼ぐ派で、

思春期から大人にかけては結構苦労したので、

一発逆転派になるのだと思います。

まさに投資スタイルはそうで、普段は小さな利益をたくさん利益確定しています。

でもたまに株式で数倍を狙うこともあるんですよねw

なかなか上手くいきませんが。