覚悟して投資すれば後悔しない


投資する前に、覚悟を決めてから行うと、

後悔することはありません。

投資には、覚悟が大事なのです。

投資する前に、よく考えるのは当然のことです。

でも考えるだけでは、不十分なのです。

足りないのは、ズバリ!覚悟です。

ちゃんと覚悟してから実行することで、

もし含み損が出た時や、損失が確定した時にも、

後悔することがなくなります。

投資での後悔とは、

「あの時、損切りしておけばよかった」とか、

「売った後に株価が上昇した」など。

これらに共通するのは、覚悟が足りなかったという事です。

投資する前に、

「今より下がってもよい」
「今より上昇してもよい」と、

あらかじめ心の決断をし、覚悟が出来ていれば、

いつでも平常心で投資を行うことができます。

相場の上下動に一喜一憂せず、淡々と投資を行えるようになります。