ビットコイン(Bitcoin)が再び注目されている。


投資の選択肢として今、再びビットコイン(Bitcoin)が注目されています。

マウントゴックス社(Mt.Gox)の破綻事件といった問題もあり、

一時期は警戒されていましたが、
最近はまた投資雑誌などでも取り上げられることが多くなりました。

なぜなら2016年5月に、通称「仮想通貨法」が国会で可決されたからです。

正確には、
「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案」
が成立したわけです。

仮想通貨法の来年5月の施行に向けて、大手証券会社も動き出しているらしいです。

これでビットコインも、本格的に広まるんじゃないかと考えます。

金融庁の監督下に置かれるみたいだし、

しばらくはFX黎明期のような状態になると思うのです。

そして数年もすると、悪質な業者は淘汰されることに期待しています。

本格的な参入は来年5月以降だとしても、
今すぐにBitcoinを使ってみたい、試してみたい、経験してみたい人は多いはず。

ビットコイン(Bitcoin)の取引所はいろいろありあますが、

日本では「bitFlyer」が今のところ最大の取引所です。

ビットフライヤー



Bitcoinを入手するには、bitFlyerのような取引所で購入するか、

貰うか(受け取る)です。

例えば、ポイントタウンなどは、ポイントをビットコインに交換することができます。

またBitcoinで決済できるWebサイトも増えてきています。

例えばDMMやamaten(Amazonギフト券が買える)などがそうです。

Bitcoinは少額決済にはとても便利ですからね。

取引所でも売れるし、使うところでは困らないと思います。

Bitcoin普及に向けて、着々と環境が整っている感じがします。

これが流行りのFintechの一つなんでしょうね。