個人が投資のプロに勝つには?


投資で個人投資家が、プロの投資家に勝つには、

シンプルに考えるしかありません。

投資では、世界中のあらゆる投資家が日々売買しています。

投資の大多数を占めるのは、機関投資家やトレーダーなどプロの達です。

プロの投資家たちは、最先端の道具や、豊富な情報量により、

個人投資家よりはるかに有利な環境にあります。

またコンピューターを使い、投資で儲けるためのアルゴリズムでプログラムを開発しています。

数学、物理学、経済学の天才たちが数式・法則を駆使した、売買プログラムを作っているのです。

これまでにもノーベル賞受賞者や、博士号取得者、優秀な研究者たちが、

金融工学を駆使したシステム開発に関わっています。

しかも売買は、コンピュータープログラムで、超高速に行われます。

とてもじゃないですけど、普通に考えると個人投資家では勝てません。

ではどうするか?

逆にシンプルに考えるのです。

プロの投資家のメリットは、逆にデメリットになることもあります。

プロは成果を出さなければならない期限があるし、

情報が豊富すぎて、精度が上がらないこともあるからです。

ノーベル賞受賞者達が立ち上げたファンドが破綻したのは、

まだそんなに昔の話じゃありませんよね。

個人投資家の場合は、余裕資金で投資していれば、期限がありません。

それに少ない情報のほうが、精度が上がることだってあるのです。

化学分野でも、検討する要素を減らしたほうが、精度が向上する場合があることが、

知られています。

結局、投資は上がるか下がるかの2択です。

証券会社への手数料や税金を除くと、確率は1/2なのです。

だからシンプルに考えて答えを出しても、あながち間違いとは言えません。

むしろ個人投資家は、シンプルに考えることこそが大事です。