株式投資とFXのどちらが良いか?


投資では、「株式投資とFXのどちらが良いか?」と比較されることがよくあります。

結論から言うと、どちらにもメリットとデメリットがあります。

そして投資家によって得意、不得意があるのです。

例えば、

株式投資だけで儲けたことがあり、FXでは損した経験しかない人は、
「株式投資の方が良い」といろんなメリットを挙げ、FXの方はデメリットを挙げます。

逆にFXだけで儲けたことがり、株式投資では損した経験しかない人は、
「FXの方が良い」といろんなメリットを挙げ、株式投資の方はデメリットを挙げます。

株式投資でもFXでも儲けた経験のある人は、
「どちらもおすすめ」と両方のメリットとデメリットを挙げます。

そして、投資で損した経験しかない人は、「投資は危険だからダメだ」と言います。

なぜ人によって同じことに対する評価が異なるのか?

それは人間は自分の経験を中心に語るからです。

私は株式投資もFXもやっていて、どちらも損得の経験があるので、
メリットもデメリットも理解しています。

どちらかというと「両方やった方が良い」という意見です。

株式投資とFXは、お互い密接に関係しているからです。

株式相場の好不調は、為替相場にも影響します。

為替相場の上下動は、日本では特に輸出企業の業績に大きな影響があります。

海外での事業の割合が高い企業は、
円安になると業績が良くなり、株価が急上昇することがあります。

反対に円高になると、業績悪化で一気に株価が急落します。

また株式投資は、NISAがあるので、非課税枠があるのがメリットです。

投資対象となる企業も、身近な商品から見つけやすいので、親しみやすいですよね。

FXはレバレッジにより、大きな金額が動かせます。

主要な通貨は限られているので、選択に迷わないのもメリットです。

何よりFXは取引ツールが洗練されていること、
証券会社によっては機能に差というか、特徴があるので、選ぶ楽しさもあります。

FXで取引コストとなるスプレッド差も、米ドルなど主要通貨ではとても小さいので、

コストをあまり気にせずに取引できるメリットが大きいです。